トップ > 学部で探す > 保存食学部 > 九州産大粒らっきょう漬け

九州産大粒らっきょう漬け

年中らっきょう中国では紀元前から食されていたと言われるらっきょう。日本に伝わったのは平安時代で、当初は”畑の薬”として漢方薬などに使用されていました。独特の香味と食感が好まれるらっきょうですが、一年に一度しか収穫できず、また日持ちもしないため、年中楽しむためには塩漬けしてから甘酢やしょうゆに漬け込みます。
こんなことが学べます
・素材のよさを生かす手間ひまかけた漬け方が学べます ・市販のらっきょうとは違う食感が楽しめます。 ・いろんな料理にアレンジすることで副菜のレパートリーが広がります。
温度帯区分冷蔵
講座番号L16033
お届け時期2017年6月上旬ごろから
※お申し込みは2017年6月ごろからとなります。
できあがり約1.5Kg(作業時間:約60分 塩漬け5日、塩水漬け2時間、調味液漬け2週間を除く)
  • 商品到着後は、2〜3日を目安になるべき早く漬け込んでください。
  • 完成後は、状態がよければ1年間は問題はありませんが、なるべく早めにお召し上がりください。
  • テキストブック付き(20ページ)
  • らっきょうの収穫時期が決まっているため、この講座は2016年6月9日で申し込みを終了させていただきました。
  • 【ご入学されると学生価格で受講できます。】 一部を除く全講座に「学生価格」の設定があります。 (「学生価格」は「一般価格」より、10〜20%お得です) ⇒詳しくはページ上部の「入学申し込み」をご覧ください。

             (税・送料込)

数量:

販売終了


内容

■キット材料/鹿児島県産大粒らっきょう1kg、調味液(昆布)約500g、漬け込み用びん 1個  ■ご用意いただく材料・道具/水1L、塩約200g、ボウル、落しぶた、重石、なべ、トング
日本3大砂丘といわれる鹿児島県吹上砂丘で穫れた砂丘ならではのシャキっとした食感と香りのよい大粒のらっきょうを使用しています。

講師プロフィール

有限会社エスランドル 上釜 文子農家に嫁いだのをきっかけに農産加工の魅力に魅せられる。農業大学校や鹿児島県農業開発総合センターにて農産加工の研究開発や基礎知識を身につけ、ベジタブル加工専門店として有限会社エスランドルを設立。現在は保存食(乾燥野菜や漬物など)を中心とした加工食品の製造・開発を行う。

特集

次の素材の学校、そ。特集をお楽しみに!

次の素材の学校、そ。特集をお楽しみに!

トップ > 学部で探す > 保存食学部 > 九州産大粒らっきょう漬け